2015年11月08日

リーディングについて(補足の補足)

誤解をまねきそうなんで、補足ですが、
「英文の読解力を高めるためには、国語力が必要だ」
といっているわけではありません。
「『読む力』のある人は、日本語の読解力も、英語の読解力も高いはずだ」
といっているのです。

ではどうすれば、その「読む力」がつくのか?
読書の量と関係があるのはたしかでしょうが、肝心のその方法が模索中なのです。
すみません……。
posted by a cat at 01:00| Comment(2) | Reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リーディングについて(補足)

小学生から高校生までに日本語のリーディングやライティングを教えているんですが……。読解のばあい、その生徒が設問に正解したかどうかはあまり重視していません。その代わりに、
・いったいこの文章は、何についての話だったのか?(メインテーマ)
・筆者はそれについて何を主張しているのか?(メインアイデア)
・その理由は?
・(キーワードになっている)○○ってどういうこと?
・(たしかに筆者はそう書いているけど)やさしい言葉で言い換えると?
……などについて、いつも「できるだけ簡潔に答えてほしい」といっています。設問に正解できる生徒はいても、こうした質問に答えられる生徒はほとんどいません。つまり、テストで点をとれる生徒はいても、「読めている」生徒はめったにいないんです。

国語の入試問題は、
・ほとんどの筆者は(英語を学ぶ人からみると)ライティング技術がとても低い。
 たとえば、TOEFL ならほとんど点がとれないような構成やサポート。
・(出題者の不備が疑われるような)悩ましい設問も多い。
 たとえば、IELTS なら "Not Given" になるような部分について問うなど。
以上の理由で、安定して国語で高得点をとるのはむずかしいです。それと比べると、たいていの英語の読解試験は、単語と文法の壁さえクリアできれば、そして「読む力」さえあれば、設問に答えるのはずっと簡単だという印象です。
posted by a cat at 00:00| Comment(0) | Reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

リーディングについて

ここしばらく考えていた、リーディングについてのアドバイスを書こうかと思っていたのですが……。ほとんどおなじことを、私よりも実力が上の人がすでに書いておられたので、やめておきます。
「日本人が重視しがちな語彙、軽視しがちな文意。」
by 英語好き さん
※今後は TOEIC でもこの種の能力が必要となるようですね。
posted by a cat at 00:00| Comment(0) | Reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

長文読解って……

職業がら(I teach Japanese, science, and math.)、
つねひごろから気になっているのですが、
長文読解って……単語と文法(あるいは構文)
さえわかれば、できるんでしょうか?

ちがいますよね。
「文章全体の構成を読み取る力」
が、めちゃくちゃ重要だと思います。
あとは背景知識とかもおおいに関係ありそうです。

では、どうすればその力をつけられるのか?
That is the question.

posted by a cat at 00:00| Comment(0) | Reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

読み比べ選手権(?)

英語の試験には出そうにない本の「読み比べ選手権(?)」をひとりで開催中です。
1. "Bushido - The Soul of Japan" by Inazo Nitobe + 『武士道』
2. "Representative Men of Japan" by Kanzo Uchimura + 『代表的日本人』
3. "The Book of Tea" by Tenshin Okakura + 『茶の本』
※英文はすべてIBC版。文字が大きくて、目の悪い私にはありがたい。語注もあり。
※和訳はすべて岩波文庫版。

まだ、"Bushido" の精読中ですが、内容的(東西の歴史や文学の知識!)にも英文構造的にも、ふつうに英検1級の長文より難しいと思います。いきなり英語版では私には厳しいため、前もって日本語版を3回読みました。日本語版ですら、そんなに簡単ではありません。ただし、スゴイ本であることは間違いないです。

よく知りませんが、こういう文章はもう大学入試には出ないんですかね? 出たとしても、ほとんどの受験生には理解不能な気がしますけど。
posted by a cat at 00:00| Comment(4) | Reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする