2020年01月12日

小論文チャレンジ08-2

「才能がある」とか「才能がない」とかよく言われます。あなたにとって才能とはなんですか。あなたの考えを600字以内で述べなさい。
(2019日本医科大学)

Version 2
 世の中には「才能とは遺伝子のことに決まっている」と主張する人がいる。競馬について語るのであれば、そのようにいえるかもしれない。そもそもサラブレッドの語源は、「徹底的に品種改良された」である。しかし人間の場合、話はそこまで単純ではない。

 私の趣味は将棋であり、子ども将棋教室のお手伝いに行っている。そこでたくさんの幼児や小学校低学年の児童を観察してきた。将棋上達のスピードは、子どもによって非常に大きい差がある。見たところその差は何十倍もあり、「この子は才能がある・才能がない」と安易に決めつけてしまいそうになる。

 たしかに、短期的にはその通りで、遺伝的にすぐれた資質をもっている子が先に進んでいく。しかし、長期的にみると、必ずしもそうとはいえない。資質はあっても自分の力を過信したり、他のことに目が移ったりして、上達がストップしてしまうことも多いのだ。これは将棋以外の多くの分野にも当てはまるだろう。

 本当の才能とは、理解の速さなどの短期的なものではなく、そのことがどれだけ長いあいだ続けられるかである。将棋でいえば、小学生のときには負けてばかりだった子が、ゆっくりではあるが着実に上達し、高校生になって全国大会で活躍したという例もこの目で見た。つまり、私にとって才能とは「持続する志」であり、はやりの言葉でいえば「グリット=やり抜く力」なのである。
(約600字)
posted by a cat at 14:01| Comment(0) | 日本語小論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。