2019年12月28日

小論文チャレンジ07-2

この絵画から思うところを600字以内で述べなさい。
東山魁夷「道」(※ここではリンクは貼りません)
(2018日本医科大学)

Version 2
 描かれているのは舗装されていない一本の道にみえる。淡い緑色は牧草地のようだ。これをみて私は小説『赤毛のアン』シリーズを思いだす。孤児のアンは、養父母のおかげで学校に通えるようになった。学校では宿敵ギルバートとのライバル心から頭角を現し、教職免許だけではなく大学への奨学金をも手に入れた。アンとギルバートは当時の農村にはめずらしく強い向学心をもっていたのだ。

 ところが、幸せの絶頂でアンの「道」は曲がりはじめる。養父が急病で亡くなったのである。アンは奨学金を断り、地元で先生になることを決意する。「奨学金を手に入れたとき、未来はまっすぐな一本道にみえた。今その道は曲がり角に来たけれど、むこうにはきっと素晴らしい世界があるはずだ」と。働きながら、アンとギルバートは将来の夢について語りあう。彼は医師になろうという決意を固めていた。人類の進歩に少しでも貢献したいというのだ。苦学のすえ、アンは医師となったギルバートと結婚する。

 彼らのように、困難にあっても大志を見失わなければ、最終的に夢は達成できるはずだと私は感じている。私にとって大志とは戦うことだ。何と戦うかというと、病気や苦痛あるいは無知と戦いたいのである。この道をゆけばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ、行けばわかるさ。行くぞー、1、2、3、ダー。
(約600字)

※最後の部分、有隣塾(羽島市の学習塾)様のアイデアです。
※これも自分の意見は最終段落のみ。もっと改善する必要があるでしょうね……。
posted by a cat at 22:10| Comment(0) | 日本語小論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。