2019年12月15日

小論文チャレンジ05-1

「過去」、「現在」、「未来」、の3つの言葉を、それぞれ、他の言葉で言い換えなさい。そして、なぜその言葉で言い換えたのか、その理由を述べなさい。(600字以上800字以内)
(京都工芸繊維大学 工芸科学部 設計工学域 デザイン工学課程)

Version 1
 時間の流れには時計で測定できる客観的なものと、そうではない主観的なものがある。「過去」「現在」「未来」という言葉は、ヒトがとらえた主観的な時間の流れを表している。私はこの3つをそれぞれ、「記憶」「入力」「出力」と言い換えたい。なぜなら、時間の流れをとらえるのはヒトの脳であり、脳の本質は情報を処理し保存するきわめて複雑なコンピュータだからである。

 まず「過去」は「記憶」と言い換えることができる。「過去」とは、脳が処理した情報をたくわえたものである。コンピュータにたとえればハードディスクに書き込まれたデータであり、必要に応じて検索して、つまりは思い出して使うことができる。祖先から進化の過程を通じて遺伝子に組み込まれたプログラムも一種の過去の「記憶」であり、コンピュータのROMのようなものである。

 次に「現在」は「入力」と言い換えることができる。ヒトはおもに視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の五感を通じて外界と接触していて、日々新しいデータをインプットしている。これらのデータは言語や映像、あるいは身体感覚として解釈・処理・学習され、必要なものは「記憶」されていく。「記憶」されるのは言語とは限らず、映像や音声などの場合もあるし、自転車の乗り方など身体感覚による技能も含まれている。

 最後に「未来」は「出力」と言い換えることができる。日々大量のデータを「入力」しそれを処理することによって、しだいに脳の中には世界観ができあがる。世界観とは、将来の予測を「出力」するアルゴリズムである。たとえていえば、現在の気圧や風・雲の分布などのデータを使えば、明日の天気が予測できるようなものである。

 以上のように、ヒトの脳を複雑なコンピュータだとみなせば、「過去」「現在」「未来」という言葉を「記憶」「入力」「出力」で置き換えることができると私は考える。
(約800字)

posted by a cat at 15:36| Comment(0) | 日本語小論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。