2019年12月11日

小論文チャレンジ04

今日、仏像は美術館や博物館に展示されたり、美術番組で取り上げられたりすることが多いが、「仏像」は美術品なのか、人の心のあり方も含め、あなたの思うところを800字以内で論述せよ。
(2016倉敷芸術科学大学 芸術学部 デザイン芸術学科・メディア映像学科)

 ここでは、美術品とは「作者が自己を表現して、鑑賞する人の心を動かすものである」ととらえることにする。だとすると、仏像が美術品かどうかは、見る人や時代とともに変わることになる。これは、次の3段階で変化してきたと私は考える。

 まず、日本に仏教が伝来して間もない時代には、仏像は信仰のために作られたものであり、決して美術品ではなかった。作者不詳のものが多いことからわかるように、仏像は作者の自己表現ではなかったのである。仏像を彫っているときに作者の頭にあったのは、人知を超えた何か宗教的なものであろう。また、お寺におかれた後も、信徒は仏像が美しいから訪れるのではなく、信仰の対象として訪れていたのである。

 しかし、時代がへて仏師が職業として成り立つようになると、彼らは名前を残すようになる。つまり、仏像制作が「作者の自己表現」であるとも言えるようになってきた。仏像が美術品となる条件がひとつ整ったのである。また、近現代には仏教への信仰はしだいに弱まってきたが、もうひとつの条件である「仏像を美術品として鑑賞する人たち」は増えてきた。したがって、美術に興味のある人のために仏像が博物館にあるとき、あるいはテレビ番組で取り上げられるときには、仏像は世俗化していて美術品である。

 ただし、現代においても、見る人が変われば仏像は美術品ではなくなる。マーケット社会といわれるように、今はあらゆるものが市場で値段をつけられる時代である。例えば、ネットオークションで売買されるときや、美的価値にはあまり興味がない観光客に秘仏が公開されるときには、仏像は美術品ではなく単なる商品となっている。

 以上のように、仏像が美術品かどうかは、見る人の心のあり方や時代とともに変わってきたし、今後も変わっていくだろうと私は考える。(約780字)
posted by a cat at 15:35| Comment(0) | 日本語小論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。