2016年09月25日

やっぱり『ビジュアル英文解釈』いいね!

さいきん出張が多くて、ちょっととたいへんです……。

これまでの記事で推薦していることもあり、以前に一度とりくんでいる『ビジュアル英文解釈(Part1)』『ビジュアル英文解釈(Part2)』を出張の移動時に復習中です。他の軽めの英文解釈本とちがって、ベラボーに時間がかかりますし、細切れ時間に少しずつ進めることもできません。全コーナーが有機的につながっているため、「ココだけやって(アレはやらず)解説は不明点だけ読む」みたいな使い方もできません。……というわけで、まだ Part1 を一周しただけですが、★6つですねコレは。

いぜん、学習参考書の編集(ただし英語ではありません)を仕事にしていたため、一般の方よりも参考書をみる目はあるつもりです。もちろん欠点もあるんですけど『ビジュアル英文解釈』『基礎英文問題精講』みたいに時間と手間をかけてつくっている参考書はほとんどないんです。それがわかるからおすすめしたくなるんです。ただし、お手軽にやり切れるような本ではありません

時間がかかってもいいから力をつけたいという方には、やはり、まず『ビジュアル英文解釈』で理論を学ぶ → 『基礎英文問題精講』や『新英文読解法』で実践練習をつむ → 多読へというのが一番のおすすめです。
※正直、大学受験生にはおすすめしません。たいへんすぎます。
※詳しいレビューは、もうしばらくあと(Part2 を読んだあと)になります。
副作用:『ビジュアル』『基礎精講』と比較すると、いま細切れ時間に復習している『京大入試に学ぶ 英語難構文の真髄』が、(ただむずかしいだけで学びが少なくて)たいした本じゃないような気がしてきました……。
posted by a cat at 12:30| Comment(6) | Book Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。私は英語を勉強し直している20代の男ですが、伊藤和夫の解釈本でもう一つ有名なものとして「英文解釈教室」がありますが、そちらと比べても「ビジュアル英文解釈」のほうがやはりお勧めですか?
Posted by 健一 at 2016年09月25日 17:43
コメントありがとうございます!
じつを言いますと、『英文解釈教室』は過去2度(大学受験時、英検準一級取得前)に挫折したことがあります。おそらくほとんどの方にはむずかしすぎると思います。
私は『ビジュアル』を復習したあとに、3回目のチャレンジをする予定です。ひと通りやったらレビューするつもりです。
Posted by a cat at 2016年09月25日 21:26
レビュー楽しみに待ってます!
Posted by 健一 at 2016年09月27日 16:33
まず『ビジュアル』をきっちり復習したあとで、
『英文解釈教室』本編だけではなく、補足資料にとりくむ予定ですので、
かなり時間がかかると思いますが……、気長におまちください。
Posted by a cat at 2016年09月29日 08:06
代ゼミの富田先生の参考書はどう思われますか?僕は受験生時代はファンでしたー。今見たらどう思うかはわからないですが。
Posted by ゼロ at 2016年12月31日 19:10
ゼロさんて、あの Zero さんですか? それとも別の方でしょうか??
それはともかく......
じつは富田先生の参考書は1ページも読んだことがないため、コメントできません。
知らないだけで、べつに好きでも嫌いでもないです。ごめんなさい。
Posted by a cat at 2016年12月31日 19:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。