2016年09月19日

書評『基礎英文問題精講』

休日&出張の友。
Scientific AmericanNational Geographic をもっとしっかりと読むために、その9。

短文系英文解釈:
基礎英文問題精講中原 道喜  おすすめ度★★★★★

以前に一度とりくんでいるのですが、忘れてしまっている!部分もあり、復習です。「Part 1 構文編」は、記憶よりもやさしい印象。とはいえ、『英文読解の技術 100』とおなじくらいかな?(前の記事で「手ごたえがない」と書いたのは、Part 1 のことです。)
「Part 2 文脈編」は Part 1 よりもむずかしく、この本の真骨頂といえるでしょう。

【取り組み方】
復習なので、「例題60問のみ」を2周+アルファ。
※はじめてのとき(何年か前)は、「練習問題」などもいっさい省略せずに全190問とりくみました。
※今回は、おなじ著者の『新英文読解法 −本格的な読解力を確実に−』(これも復習ですが…)で分量を補充しようと思っています。

【よいと思うところ】
●課題文がたんに構文の観点だけから選ばれておらず、考えさせられるような深い内容をふくんでいる。
●構文だけではなく、文脈にも力をいれている(「Part 2 文脈編」)。
●分量が多く、情報がぎっしりつまっている。表紙の裏でもどこでも、ちょっとでもすきまがあれば、「豆知識」みたいなことが書いてある。
●(おざなりではなく)手間をかけてつくっている感じがする。
●さくいんがついている。

【悪いと思うところ】
●あまりにたくさんの情報がつめこまれていて、一周するのが大変!
(前回とりくんだときは、負担感を軽くするために、本を Part ごとに切りはなした。)
●音声がない。

【結論】
やはり、まず『ビジュアル英文解釈』で理論を学び、その後に『基礎英文問題精講』で実践練習をつむというのが王道であると確信いたしました。

41DW-JyqdRL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg
posted by a cat at 12:30| Comment(4) | Book Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。英語をやり直したい社会人です。
昔に挫折した王道ビジュアルから基礎英文問題精講ルートでいくか
新しい参考書を探しています。
入門英文問題精講の講評もお願い致します。
Posted by k at 2016年11月10日 07:24
コメントありがとうございます!

最近はいそがしくて、書評がとどこっておりますが……、
実は『入門英文問題精講』も、すでにやっております。
しばらくのあいだ、気長におまちください。 <(_ _)>
Posted by a cat at 2016年11月10日 14:51
もうやっておられるのですね。
入門英文問題精講→基礎英文問題精講か難しければ間に基礎英文解釈の技術100をはさむか、
時間もかかるし挫折しそうだけどビジュアルでいくか悩んでおります。

講評楽しみにしてます!
Posted by k at 2016年11月11日 11:41
kさんの状況や目標がよくわかりませんので、あくまでも一般論ですが……

私の考え方は、『英語上達完全マップ』に近いです。
・まず、べつの方法(瞬間英作文や音読など)で基礎を固める。
(私の場合は『99パターンでわかる中学英語』『VOA』『英単語ピーナツ』など)
・その後、『ビジュアル』を徹底的にやる。
のがいいような気がします。
Posted by a cat at 2016年11月13日 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。