2016年09月06日

書評『京大入試に学ぶ 英語難構文の真髄』(評価変更!)

出張の友。
Scientific AmericanNational Geographic をもっとしっかりと読むために、その8。

短文系英文解釈:
京大入試に学ぶ 英語難構文の真髄(エッセンス)
小倉 弘  おすすめ度★★☆☆☆

短文系英文解釈はすでに7冊やっているので、受験参考書はほぼ卒業でしょ? と思っていたのですが……、すみません。思いあがっていました。これは難しいうえに分量も多いです。全体として何がいいたいのかさっぱり……という課題文もしばしば。イメージとして、
『英文読解の技術 100』<『ライジング』<<『京大入試に学ぶ 英語難構文の真髄』
1周めはおわりましたけど、復習にかなり時間がかかりそうです。
(追記)
→ 何回復習しても納得感がないので、ちょっと調べたらこんな記事がありました。
2002年度の京都大学の下線部訳について
※『京大入試に学ぶ 英語難構文の真髄』では第1問の課題文です。
……というわけで、評価を大幅に下げました。

【取り組み方】
とりあえず「課題文126項目(複数の文章をあわせて1項目としているところが多いので、実質200問以上)」を4周+アルファ
※納得できるまでひたすら復習をくりかえす。
(追記)
→ 全体を1周以上はしていますけど、復習をやる気がなくなったので、途中でやめます。

【よいと思うところ】
●ほとんどの課題文が、日本一本格的な英文和訳問題を出題している京大の問題
さくいんがついている。

【悪いと思うところ】
一周するのが大変!
●難しさの原因が、読者の側ではなく、英文の側にある(文脈が不明、抽象的な文章だけで具体的説明がないなど)。それに対する解説がなにもない。
●やや誤植がめだつ(手元にあるのは初版)。
●音声がない。

【結論】
京大受験生以外には、時間のムダでしょう。

(おまけ)
京大新入生の TOEIC 平均点が600点(英検なら準一級にも届かない)くらいと聞きましたけど……。そのレベルでは、こんなに難しい問題をまともにできるはずがないと思います。まあ合格最低点をとるのは、そこまで難しくないんでしょうね。
posted by a cat at 20:00| Comment(0) | Book Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。