2016年08月31日

書評『ライジング英文解釈』

ひとり Virtual Summer Vacation 課題。
Scientific AmericanNational Geographic をもっとしっかりと読むために、その7。

短文系英文解釈:
『最高レベルの学力養成 ライジング英文解釈―英文構造を徹底理解』
望月 正道  おすすめ度★★★★☆

『英文読解の技術』シリーズが気に入らなかったので、口なおしにおなじ出版社(桐原書店)からの4冊目。ネットで書評をみて買ったんですけど、掘り出しものですよコレ! いったいどうして無名(絶版?)なんでしょう!?

【取り組み方】
とりあえず「例題(短いものからスタートして100問)」を3周+アルファ。はじめの3周は全例題の全文について、構文・単語・その他に疑問点がないかチェック。すこしでも疑問点があれば、下線をひいて「要復習」のマークをつける。解答例に疑問があるばあい、単語は英英辞典で確認する。
※4周目からは「要復習」の問題だけ。
※「要復習」の問題がなくなったら、次の本へ。

【よいと思うところ】
●4つの part にわかれていて、それぞれに特徴がある。
Part 1:and や but などの接続詞を中心に40題
Part 2:ふつうの英文解釈(関係詞・省略・倒置など)40題
Part 3:代名詞を中心に10題
Part 4:長めのパラグラフの理解の仕方を中心に10題
Part 2 以外では、他の本では軽視されている項目を多く扱っている。
(例)94題目のテーマは「相違点と共通点」、100題目は「the に注意!」
●やさしいものから難しいものへと順にならんでいる(一方、『ポレポレ』はランダムにならんでいる)。
●むずかしい問題でも単語はやさしいので、構文の把握に集中できる(一方、『英文読解の技術』シリーズは入門編ですら、単語がむずかしい)。
●簡潔ながらも(少なくとも私の)気になる点については、きちんと解説がある。

【悪いと思うところ】
手に入りにくい
●音声がない。

【結論】
前半は簡単で「いったいどこが最高レベル?」と思ったけど、後半は学ぶところが多かった。とはいえ、どうもまだ「仕上がった感」がないので、もう何冊かやってみるか?

(おまけ1)
古本で買ったんですけど、はじめの10題くらいまで書きこみがあって、あとはきれ〜いな状態でした。もったいないにゃー。

(おまけ2)
100題目の大阪大の問題(英文)に「毎年およそ 90 pounds の岩(隕石?)が火星から飛んできて地球にぶつかる」との記述あり。そんなわけないでしょーが! どうやって火星の重力圏を脱するわけ!!! Scientific American の一読者として、出題者に抗議しておきます。
posted by a cat at 13:38| Comment(0) | Book Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。