2016年08月03日

Incidental Learning

精読する力をつけるために、短文系英文解釈:『英文読解の原則 125』(竹岡広信)にずっと取り組んでいて、少しずつ復習をしていました。
原則085「不定詞が結果を表すときがある」
まあ、なんとなくは知ってますけど、そのなかで暗記しておきべきパターンのひとつとして、
Milton went to Africa, never to return.
ミルトンはアフリカに行ったが、結局もどってこなかった。

これホントに暗記しておくべきなのかなーと思っていたら……。(学習とはまったく無関係に)本日読んでいた National Geographic Special Issue "The Story of JESUS" に、でてきました!
Jesus left Galilee, never to return – at least not in mortal form.
(試訳)
イエスは(故郷の)ガリラヤを離れたが、結局もどってこなかった。 – 少なくとも(通常の死すべき)人間の形では。

でてくるんだなー。まさに Incidental Learning (or Accidental Learning) なのでした。
posted by a cat at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。