2016年04月29日

書評『吉ゆうそうの英文読解 解テク101』

Scientific American をもっとしっかりと読むために、その3。

短文系英文解釈:
吉ゆうそうの英文読解 解テク101吉ゆうそう おすすめ度★★★★☆

まずなによりも、一文一文を正確に読むことが大切だと考えています。大学受験レベルでは不明点がないように! 受験参考書(英文解釈)のなかでは無名ですが、吉ゆうそう先生のファンなので読んでみました。

【取り組み方】
「例題(短いものが101)」を3周+アルファ(不安なところは、不安がなくなるまで何回でも復習)。
※初見で「構文」にひっかかったのは、101の解テクのうち7〜8か所くらいかな?
※もちろん、解テク以外の部分の語彙などを含めれば、もっとたくさん(80か所以上?)ありました。

【よいと思うところ】
●例題のはじめに「解テク(=標語みたいなもの)」があり、その例題でみにつけるべきポイントがよくわかる(←『ポレポレ』にはない!)。
●例題中に下線がひいてあり、ポイントとなる文がどれなのかがよくわかる(←『ポレポレ』にはない!)。
●例題の難易度がほぼ一定(←『ポレポレ』は難易の上下が激しい!)。
●(和訳以外に)すべての下線部に Diagram(構文の図解)があり、自分の構文理解が正しいかどうかを確認できる。(←『ポレポレ』にもときどき図解はあるが、私にはわかりづらい。結局、和訳で確認することになる。)
●音声つき!
●(ポイントを復習するための)暗唱用例文つき!

【悪いと思うところ】
●『ポレポレ』の50題とくらべると、101題はやはり時間がかかる。
●……とはいえ、すべての重要事項や基本事項を網羅してはいない

【結論】
『ポレポレ英文読解プロセス50』とくらべると、薄さ以外のあらゆる点でまさっていると思います。ただし、網羅性はないので、より基本的な本をすませたあとの、2冊目以降としてオススメしておきます。時間とやる気のある方には、やはりビジュアル英文解釈基礎英文問題精講などがいいでしょうね。

※短文暗唱(や瞬間英作文)用には、おなじく吉ゆうそう先生の『入試英語最重要構文540』は隠れた名著といわれています(いま別の本にとりくんでいるので、私はまだ覚えていませんが……)。
※一文一文をすばやく正確に理解できるようになるためには、いわゆる英文解釈だけでは足りなくて、短文暗唱(や瞬間英作文)とか、やさしい本の多読が有効な気がするんですよね。もちろん、長文の暗唱でもいいんでしょうが。
posted by a cat at 19:00| Comment(0) | Book Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。