2016年04月27日

英作文コンペ(4月)の補足(その2)

さて、私が考えるもっとも効果的な writing の練習法=ひとりディベート

前回、全力で The global demand for water cannot be met in the future.
と主張したわけですが、今度は全力でそれに反論します!
こっちの答案も公開する予定だったんですが、仕事があまりにも立てこんでしまって、くじけました。概要だけ述べるとすると、こんな感じです。解決のカギは「教育水準の高まりと先端技術、国際協力」。つまり、人類の叡智を結集すれば、じゅうぶんに解決可能やないか!

I) demand は増えないって。
 A) 世界の人口の伸びが止まるから。
  1) いま人口が最大のアジアだって、21世紀中には人口減少に向かうそうだよ。
  2) 教育水準が上がれば伸びは止まる。
    じっさい、アフリカのいくつかの国では劇的に出生率が下がっているそうだよ。
 B) 1人あたりの水の消費量も増えないから。
  1) (工業の面)工業用水なんて、リサイクルすればええやん。
  2) (農業の面)遺伝子組換え技術とか利用して、少ない水で育つ品種をつくればええやん。

一方、一見すると限りあるようにみえる水資源ですが……
II) supply は減らず、むしろ増えていくって。
 A) stock: 海の水を使いましょうや。
  1) 地球上の水のうち、なんと97%以上が海水!
    海水を淡水化してしまえば、事実上無限に使えるやん。
  2) もっと安く効率的に淡水化できる方法を開発しようや。
  3) 海のない国もあるわけやから、国際的に協力しながらやっていこうや。
 B) flow: 地球温暖化で降水量は増えるんじゃね?
  1) 暖かくなれば水が蒸発しやすくなるから、台風や豪雨も増えるわな。
  2) そのせっかくの水を、ただ海に流してしまってはもったいない。もっと有効活用せな。
  3) 緑化をすすめて緑のダムをつくるのが、いちばんだけどな。これも国際的に協力しようや。

こういうわけで、demand はあまり増えないのに、supply は減るどころかむしろ増えていくので、
I think the global demand for water can be met in the future.
となるわけです。めでたし、めでたし。
posted by a cat at 21:00| Comment(2) | Writing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
a catさん、記事をUPありがとうございます。
参考にさせて頂きます。
私はどうしても作家性が強いためか、自分が思っても
いないことは到底書けないのですね…。
しかし物書きとしてvarietyを広げるために、もっと
苦手なことも挑戦しなくてはならないと考えております!
なのでこういう論の立て方はとても勉強になります。
私はnarrowdownする記事を書こうと思います。
Posted by 雪 at 2016年04月27日 21:53
べつにウソをつくのが得意ってわけではないのですが……。
試験で書く essay と、imagination をかきたてる創作物はまたちがうでしょうし。

私は高校生に(日本語)小論文を指導するときには、
賛否がわかれるトピックについては、
できるだけ両面からの解答例を書いてみせるようにしています。

たいていの生徒は、はじめて見るとびっくりしますけどね。
「私の本当の意見はこっちですよ」と、一応説明します。
Posted by a cat at 2016年04月28日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。