2016年04月30日

英検1級英作文コンペ(4月)再掲

「英検1級英作文コンペ(4月)」の、私の解答です。
●Write an essay on the given TOPIC.
●Give THREE reasons to support your answer.
●Structure: Introduction, main body, and conclusion
●Suggested length: 200–240 words
●TOPIC:
Can the global demand for water be met in the future?
The Earth is a finite place. At the same time, every one of us has the right to pursuit of happiness. The more people live on the planet, the harder they must compete for its resources. On this condition, it is highly likely that we would face water shortage in the near future.

The global demand for water is increasing steadily because of population growth. Africa’s population is still expanding faster than expected. The UN estimates that world population would be 11.2 billion by 2100. That is almost twice as many as the number of people at the end of the 20th century.

In contrast, water supply cannot keep pace with demand. Although some people think water is one of the renewable resources, in reality, that is not the case. Only several percent of all the water on Earth is fresh water. Moreover, groundwater does not recycle so fast. In other words, it is not sustainable. To make matters worse, the pollution of rivers is deteriorating.

Economic growth makes the problem harder to solve. More and more people escape from poverty, thanks to economic progress in newly industrialized countries. However, industrialization would lead to larger consumption of water for not only industry but also agriculture. The higher people’s standard of living is, the more meat they consume. Unfortunately, it needs much more energy and water to produce beef than any other food sources.

In conclusion, saving water and economic growth are not compatible. Therefore, I believe it is mission impossible to meet the global demand for water in the future.
(260 words, 50 minutes)

※前回より短くしましたが、240 words 以内におさめるのは、きわめて難しいですね。
※賛成・反対で2つ書く予定が……、結局1つしかできていません。
※相変わらず、時間がかかりすぎです。
※英検発表の満点解答例と比べると、ハイレベルな単語がほとんど使われていません……。
※関係代名詞、分詞構文を1か所も使っていない=Sentence variety がない!
※他の方の答案:gorakutan さんEna さん雪さんDr. English さん

(追記)
これまでのメンバーに加えて ↑ なんと、あの Dr. English さんご登場です!
答案を拝見しましたけど、ぜんぜん私とレベルがちがいますわ。めっちゃ勉強になります。

(writing を単にだれかに添削してもらう人はいるでしょうが)おなじ問題について他の方々の答案と自分のものを真剣に比べたり、意見を交換したりするって、そんな機会は他にないですからね。そして、(正式なご案内はまだですが)5月の課題はおそらく……
Agree or disagree: Space exploration should be continued
英検1級、あるいは writing 力アップをねらう方は、ぜひぜひチャレンジを!
posted by a cat at 20:00| Comment(12) | Writing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
いつもお世話になっております。
英検コンペ補完計画 もとい、英作コンペ?にご参加頂きありがとうございます。

前回まで、私が「皆さんすばらしい!」と絶賛しつつ、他の方が意見を出すという、
主催者の人間性や資質を疑う情景が展開されておりまして、今回は多少改善したいと思います。
今の私なら、多少はできると思います。

で。今回は3名と程よい規模ですので、
1.各自、自己申告で力を入れたところ、反省点を挙げる
2.他の参加者の文章から学んだ点、疑問点を挙げる
3.あげられた点に対し、改善点を考える(自分で/3人で?)
といった流れで今後の糧にできれば、と思ったのですがいかがでしょうか。

その際の観点を参考程度にまとめてみます。
こういう観点を入れてね!などございましたらコメントか何かでお知らせください。
GW前に感想戦の体制が整えられたら、と思います。
今しばらくお付き合いのほど、よろしくお願い致します。
Posted by gogakutan at 2016年04月25日 23:15
肝心の師匠(雪さん)は?
もうすぐ答案を書かれるようなことを、ブログでコメントされていましたが……。
せめて、アドバイスだけでもいただけないかなぁ……?

私の手元にあるチェックリストでは、観点は以下のとおりです。
Content:
1) Thesis Statement
2) Main ideas
3) Supporting details

Fluency and Cohesion:
1) Transition words
2) Grammar and Spelling
3) Sentence variety
(様々なセンテンスパターンを使っているかどうか。)
Posted by a cat at 2016年04月25日 23:57
a catさん、こんにちは。
止めて下さい!師匠じゃないですよー。
すみません。PCが不調で固まっていたので、
今アップしました。

リクエストして頂いたので(笑)コメントです。
文章表現は
パラグラフ@から
>every one of us has the right to pursuit of happiness
はthe right to deserve appropriate living
conditionが適切かと思います。

> for its resources.
もits limited resourcesがよりspecificですね。

パラグラフAは良いです。
私だったら最後に
It has a profound impact on water availability
を付け加えますね。

パラグラフBは
>groundwater does not recycle so fast
より、the recycle of wastewater is a
slow process,which hinders sustainable
water supply.にして、最後の文をまとめて
the pollution of river and ground water
are deteriorating.にしますね。

パラグラフCは数学教師で論理的なa catさんに
しては全体的に散漫で主旨がまとまってないですね。
少しトピックから脱線してます。食べる肉は牛肉
だけではないと思いますし…。これから
私のブログで取り上げるかもしれません。

という私も酷い出来なんですけどね!(苦笑)
皆さんの忌憚なき意見をお待ちしております。
Posted by at 2016年04月26日 05:56
さっそくのコメントありがとうございます!
いや師匠でしょ? 私は数学教師ではないんですけどね。

じつは雪さんとは正反対の悩みがありまして……。
もっている情報があまりにも詳しすぎて、
当初、パラグラフCだけでもすごい長さになっていました。
240 words に近づけようと、削りに削って、
最終的には「まあ、これだけじゃ通じないだろうな」
となってしまいましたね。

穀物を育てるには「大量の水」が必要です。
また、家畜を育てるには「大量の穀物」を与えなくてはなりません。
穀物を人間が直接食べたときとくらべて、
肉を食べたときはカロリー的にものすごく損をしているのです。
エネルギー効率は、ウシ<<ブタ<<<<ニワトリ なので、
贅沢な食生活をすればするほど、
(事実上)水をむだに消費していることになります。
virtual water っていうんですが。
ウシを食べるのをやめれば、食べ物に関しては水の消費量を
10分の1とかにできるんですよ!

↑ 以上が、パラグラフCの最後の文で伝えたかったことです(苦笑)
Posted by a cat at 2016年04月26日 09:26
あれ?a catさんは理系の方じゃなかったでしょうか?
どこかでそのような記事を読んだ記憶があったのですが、
大変失礼いたしました。
牛の件、了解いたしました。そのことについてまた
ブログで書きたいと思います。
Posted by 雪 at 2016年04月26日 09:36
(上のコメント、最後の1行を補足しました。)

数学と理科を教えているのは事実なんですが、
本職は、日本語小論文指導(のつもり)です(ますます苦笑ですね)。
そこで何年か前に、水問題を取り上げたことがあるのです。

ですから、たいていのみなさんとは違って、
書くネタ自体に困るということは、あまり多くないのです。
どうやって自然な英語にしたらいいのか? が大きな悩みです。
Posted by a cat at 2016年04月26日 09:48
スカイプ先生と相談しながら、以下訂正点を提案しました。非常に良くて来ていると先生にほめられました。(もちろん先生には友達の作文ですと伝えた)
英語でコメントしていて、すみません・・・


Introduction
”Every one of us” or “everyone” −both okay
個人的にeveryoneしか使わないので、勉強になった。
The right to pursuit of happiness (X)
Everyone has the right to pursue happiness.
Everyone has the right of happiness pursuit.
Everyone has the right of pursuiting happiness

…the more, the harder- good sentence structure. However, “must” should be removed
……the harder they compete…..

Highly like-“will face” may be better. Of course “would face” is also okay


1st Argument
The combination of “still” & “expected” may not be so good.
If you want to use “still”,present prefect tense is much better.
e.g. The population has “still” been expanding faster than expected (such as Africa)/ in Africa.
(African’s population is a possessive form, not natural)

“would have reached 11.2b by 2100 (should use future prefect tense because you use“ by 2100")
Taking this into consideration, population size would be double at the end of 21st century(?)
The population (no . of people) would be double in comparison to population at the end of the 20th century. (?)

100年前と比べて人口がダブル・・日本語はスムーズですが、この文の英語意味は自然ではない。
20C→増加→21C倍増という順番で2つsentence を書いた方がいいかもしれない。


2nd Argument
That→This is not case
Of all water on the Earth/in the world ( delete "the" before water and add "the" before Earth)
To make “the” matter worse, water quality is deteriorating/The problem of river pollution is becoming more serious.


3rd Argument
Grammer is good but why ”meat”?
Maybe you can use other examples to elaborate.


Conclusion
mission impossible-not that formal, should not be used in essay.
It is hardly like to meet the global demand…….

感想は非常によくできています!
Posted by Ena at 2016年04月26日 23:30
Ena さん、詳しい感想&アドバイスをありがとうございます!
(今週はあまり余裕がないので……)
私からのコメントは、もう少しだけ待ってください。
Posted by a cat at 2016年04月27日 19:55
a cat さん
もう私がコメントする必要も無いかなぁ、と思いつつも、私の理解のためにお付き合い下さい。

私が教材として選んだ本が、パラグラフとトピックに対し、かなり厳しい制約を課していたもので、
どのあたりまでが許容されて、どのあたりからダメなのか、少々混乱しています。
そういった観点から、今後の糧にa cat さんからみて今回の話題の入れ方がよいのか、もっと絞ったほうがよかったのか
お聞かせ頂ければ、と思っています。


理由1が私と同じ人口増加ですが、私の主観から見たデータより、きっちり年と数、または比率が揃うといいですね。参考になりました。

理由2が、私には分かりにくかったです。何でだろう。
renewable > only few percent (moreover) not recycle fast
話題の種類が再生速度、水の量、再生速度と切り替わってるように見えるのかと。
お前の読解力の問題じゃね?といわれると、そうかも、と申し上げるしかないのですが。

理由3
別の記事でなぜ牛肉が問題か拝読しましたが、
私には話題が
経済、貧困脱出、生活水準の軸と
農業、牛肉の軸2つあるように見えました。
先進国にもベジタリアンがいますし。。。
近代化と同時に欧米の食文化が広まって、と書き出して、食肉が広まっているが、それも問題
という流れはどうでしょう。
(それだと結論部にeconomic growth という言葉が使えなくなりますが)

質問の範囲が狭くて申し訳ないですが、
ご配慮、ご協力のほどお願い致します。

Posted by gogakutan at 2016年05月02日 00:10
いえ、コメントでもご質問でもありがとうございます!

基本的には、(誤解であろうがなんであろうが)わかりにくいというのは、
読み手ではなく書き手の責任です。少なくとも、英作文においては。
日本では、読解力のせいといわれますが、英語の世界ではちがいます。
ですから、他の方からコメントをいただけるのは、
どんな内容であれ有益だと思います。

いちおう説明しなおせば……

理由2:供給がのびない(むしろ減る)から
サポート:
大量にあって、かつ再生可能と思われている
→ しかしそれは誤解で、実際は少量、かつ再生速度がきわめて遅い
→ 事実上、再生不可能(使いすぎればなくなる)

理由3:経済成長によって需要ののびが加速するから
サポート:
生活水準があがると、“1人あたりの”水消費量が増える
→ 工業用水と農業用水がいずれも増える

※先進国にもベジタリアンはいるでしょうが、
 水の消費量に影響を与えるほどではないでしょう。
Posted by a cat at 2016年05月02日 08:44
a catさん

遅くなりました。記事がPt.2ですっきりまとまってしまったので、こちらにコメントさせていただきます。

【総評】
冒頭で主張を述べ、bodyでサポートしようとしているものの、無視できない論理のひずみが生じわかりにくくなっているところがあります。

【冒頭】
At the same time, every one of us has the right to pursuit of happiness.

この文は不要かと思います。Earth is finite→we are forced to compete for resourcesの流れで悪くないと思いますが、この一文のせいでつながりが不明確になっているように感じます。「水の需給バランスがとれるかどうか」にfocusしたほうがいいと思います。

On this condition, it is highly likely that we would face water shortage in the near future.

on this conditionとここで書いてしまうとここから先は「競争」の視点から書かなくては行けなくなります。「この状況(競争の激化)を踏まえるに・・・」となってしまいます。エッセイで最強の便利フレーズ、for the following reasonsの方がいいと思います。

【body 1】
国連の予測を用いて客観性を出すのは手ですが、UN=United Nationsなどの略語は初めて使う場合、略さずに用いるか何かしら説明を付すことが基本です。例えば医学でMSと書くと「多発性硬化症」と「僧房弁狭窄症」の2つがありいきなり書かれると区別できません。こうしたことを避けるためにthe United Nations or the UNとしてその後略語を使うことをお勧めします。

TSに因果関係が含まれませんので、最後の「20世紀の倍」という1文を「このペースは水供給の速度を大きく上回ると予想されている」といった1文に変えるとよりわかりやすくなると思います。

【body 2】
body 1が需要の増加に対し、body 2が供給の限界についてなのでin contrastを用いていると推測しますが、ここは対比というより「かぶせて主張を補強」しているのでin additionの方がいいと思います。

renewableとsustainableは「淡水資源」の例でいえば広義には同じくくりでいいと思います。このbodyは言い方を変えていますがほとんどの文が本質的には水は有限だ、と「同じことを言っている」文です。redundantな文を削除し、字数が余れば何か違うサポートを付け加えるといいでしょう。pollutionをこの形で出すといきなり出てきていてこの段落と全く関係していません。もしpollutionを書くなら「それが水資源を減らす」ところまで書かないとなぜこの段落に汚染の話が出てきたかわかりにくく、飛躍しているように思われる可能性は高いです。

【body 3】
body 1が「人口増加」、2が「水資源の減少」、3は「利用の増加」となっているのでこれをTSにすべきと思います。

the amount of water used for human activities is increasing at an alarming rate.

のようにして、agriculture, industriesで激増していることを補強し、body 1&2で述べた例と相まってproblemは解決できない、と述べると説得力が上がると思います。

Combined with the population increase and freshwater shortage I mentioned in the previous paragraphs, ・・・

のように締めるのも悪くないのではないでしょうか?このような文をin conclusionに持ってくるのもありかと思いますが・・・


以上、簡単ではありますがコメントをさせてただきました。エッセイは自分の体験なども具体例として採用できるものの、このような社会的なトピックであればそれなりの「客観性」を必要とすると思います。TOEFLでは具体例に体験談を多く用いますが、それは与えられるテーマが経験を例に書きやすいものだからです。

論理の途切れ、飛躍などがないか常に見直す視点を持つことで論理的な思考力と、それを英文に落とし込むライティング力が養われると考えています。

私も道半ばでブレがあります、ともに頑張りましょう。
Posted by Dr. English at 2016年05月06日 23:45
丁寧なご意見、ありがとうございます!

他のみなさんのご意見もそうですが、自分で書いているときには、
(思いこみが強くて)なかなか気がつかない点ばかりです。
事前の情報の整理の仕方が甘いのと、
トピック・センテンスの書き方がまずいのかなと感じています。

今回の反省をいかして、次回にむけて精進いたします。
Posted by a cat at 2016年05月07日 08:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。