2016年03月15日

英検1級英作文コンペ(3月)

writing essays 修行のため、gogakutan さん主催、雪さんご参加の「英検1級英作文コンペ(3月)」に挑戦です。
Should literature be taught in school?
Write an essay on the given TOPIC.
Give THREE reasons to support your answer.
Structure: Introduction, main body, and conclusion
Suggested length: 200–240 words
In my view, literature is essential to the development of the child and should be taught in school. Nowadays we face serious problems such as terrorism, poverty and climate change. I believe the cause of these problems is lack of imagination and cooperation. Without them, it would be impossible for us to build everlasting relationships and share dreams for the future.

First of all, literature stimulates children’s curiosity and nurtures their imagination. Reading story books brings the kids everywhere. They could feel as if they were traveling around the world, fighting against monsters, and meeting famous people in human history. Eventually they should acquire the ability to imagine all the people and their problems.

Literature includes not only novels but also plays written by great playwrights, such as Shakespeare. Teachers can lead the students to perform a play on a stage as a part of class activities. Through acting various roles, school children understand feelings of other people. Moreover, they should learn to cooperate to achieve the same goal. Cooperation is the only way to solve world problems.

Some people might say the education system should put more focus on practical subjects because one can read books at home or in the library. That might be true, but all kids do not have the chance to read their favorite books at home or the access to public libraries. School should offer the opportunity to learn literature for the sake of equality.

In summary, literature is extremely important for our lives. It develops the ability to imagine and cooperate. Our only hope for the future depends on the ability. Therefore, I believe literature should be taught in school.
(277 words, 50 minutes)

基本情報:
英検1級2014年第2回(Writing)20/28(不合格)、2014年第3回18/28(合格)
試験場では、2回とも40〜50分かけたと思います。
日常的に練習していないので、とにかく時間がかかりすぎですね。
posted by a cat at 18:00| Comment(6) | Writing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
a catさん、初めまして!
ブログにコメントありがとうございます。
読ませて頂きました。
英文はかなり流暢に書けていると思います。
論点を絞ってもっとテーマを掘り下げると
良くなりますよ。
私のブログで内容について評させて
頂いて宜しいでしょうか?
Posted by 雪 at 2016年03月16日 14:46
こちらこそ、雪さまのような専門家にコメントを
いただきまして、まことに光栄です。ありがとうございます!
自分では、どうもいまひとつさえないな〜と思っていました。
ほかにも入れたい点はあったのですが……。

公開しているものですので、ご自由に評してください。
今後ともよろしくお願いいたします。

私も、これからお2人の文章を読ませていただきます。
(お2人のものは、見ずに書きましたので。)
Posted by a cat at 2016年03月16日 15:03
こんばんは。この度はご参加ありがとうございます。
そして、これは、、、、
私の基準では、読みやすくて、分かり易く、論拠もそろった申し分のない文章だと感じました。
逆に、こうした文に18/28をつけた英検に驚きました。
ここから10点分足すものがあるのでしょうか?
(本番ではまた条件が違ったかもしれませんが)

それから、私は論拠を3つひねり出すことに難儀することが多いのですが、その場合はいったん視点を変えてみるのもいいと思いました。
その人の発想力/想像力をみれば、それを培うためにどれほどの作品に触れてきたのか分かるといえるのかもしれません。(a cat さんの論拠の逆ですが)

もうこれ以上は私から申し上げることがないのですが、
雪さんがなにか書きそうですね。私も陰から拝読します。。
Posted by gogakutan at 2016年03月16日 23:51
gogakutan さま、お忙しいところ、コメントありがとうございます。
英検のときは、採点基準をよくしらず、理由2つの4段落で書いていました。
指定の語句は、どこかで3つ使えばいいんだろうと思って。
読解には時間をかけず、作文でもそれなりの点をねらっていたのに、恥ずかしいです。

18点のときは、イントロが詳しくて、後半にいくほどさえなくなる、
竜頭蛇尾みたいな感じになったと思います。もう再現はできませんけど。

辛口(?)の雪さんにどう評されるか、ドキドキしております。
企画をつづけてくださるなら、今後も参加するつもりです。
よろしくお願いいたしま〜す。
Posted by a cat at 2016年03月17日 05:53
a catさん、こんにちは!私のブログでは
また荒らされたりするかもしれないので
こちらに書きますね!

>Moreover, they should learn to cooperate to achieve the same goal. Cooperation is the only way to solve world problems.

のところは
When people grow up,they need to get
on the same page to solve
the matter. That is why the experience of
playing a role on the stage at school
is practical.
とでもすれば、a catさんの言いたいことがより
伝わるかもしれません。
the same pageという表現と文学と賭けて
ますし(笑)

今回は色々と大変ご迷惑をおかけしました。
宜しければ、今後もお付き合い下さい。
Posted by 雪 at 2016年03月30日 05:45
わざわざ出張していただき、ありがとうございます!!!
ご提案は、さすがの表現ですね。

いぜん、オンラインの添削を受けていたのですが、
文法的なまちがいしか見てもらえなくて、やめてしまいました。
ただ、やめると同時に英文を書く習慣もなくなってしまって……。

習慣って大事ですよね。
こちらこそよろしくお願いいたします。
※ブログへのリンクをはらせていただきました。
Posted by a cat at 2016年03月30日 07:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。