2016年02月27日

Classification

Scientific American をもっと正確に読むための本たちを分類すると、こんな感じでしょうか。
「分類する力」は、読解力アップの重要なカギのひとつだと思います。

【大学受験用の英文解釈参考書(短文〜中文集)】
『ビジュアル英文解釈』『基礎英文問題精講』
『吉ゆうそうの英文読解 解テク101』『英文解釈の技術』シリーズ
※まずなにより、一文一文を正確に理解するためです。
※初見で私には理解があいまいな文は、基礎的な本のなかにもそれなりにあります。

【大学受験用の英文解釈参考書(長文集)】
パラグラフ・リーディング練習用には、これといった本はまだ発見できていません……。
※英文のレベルが高校生にあわせてあり、私にとっては簡単すぎて、
 初見でふつうに読めてしまうためでしょう。
※(辞書さえあれば)解説を読む必要性が感じられません。

【受験用ではない英文解釈参考書】
『英語の発想がよくわかる表現50』『解釈につよくなるための英文50』『英語のセンスを磨く』
『英語リーディングの真実』『英語リーディングの探究』『思考力をみがく 英文精読講義』
『新英文読解法 本格的な読解力を確実に』『誤訳の構造』シリーズ
『日本人なら必ず誤訳する英文』シリーズ 
※大学受験レベルをこえて、一般の英文を理解し楽しむための本たちです。
※「(単語も構文もわかるのに)なぜか著者の言いたいことがわからない」が解決できるはず。
※短文集をある程度こなしたら、こちらに力をいれます。

【科学の背景知識の強化につながるもの】
『日経サイエンスで鍛える科学英語』シリーズ
『話題別英単語 リンガメタリカ』『テーマ別英単語 ACADEMIC』シリーズ(自然科学編)
『National Geographic Special Issues』Series
※『日経サイエンス』= Scientific American 日本語版 です。
※自然科学では、語彙や背景知識はとてつもなく重要だと思います。

active reading, critical reading の練習用】
『Longman Academic Reading』Series
『21st Century Reading: Creative Thinking and Reading with TED Talks』Series
※おそらく、日本人にとってここが最大の落とし穴だろうと感じています。
※日本人むけにこれを解説している参考書は、おそらく存在しないでしょう。
posted by a cat at 14:00| Comment(0) | Reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。