2016年02月23日

精読のしかた、3通り

精読のしかたといってもいろいろあるんでしょうが、私のばあいはおもに以下の3通りです。

※基本的に和訳はしません。ノートに和訳を書いて、チェックする(してもらう)ということもしません。英和辞典を使うのは、JRC などでだれか(日本人)に説明をする必要があるときだけです。

1) 「英語好き」さん方式
"Scientific American" など、和訳のない本のばあい
1周目:辞書なしでざっと読む
→ 2周目:英英辞典、画像検索、Q&A Sites(英文)などを使って徹底的に調べる

2) 読解ローラー作戦(=吉ゆうそう方式)
英文解釈用の短文集のばあい
1周目:辞書なしで読む(読んだあと、不明点を模範解答例と英英辞典で確認)
※和訳はせず、できるだけ英語のままで、英語の語順でイメージ化をします。
→ 2周目(同様に不明点を確認) → 3周目 → 4周目 ……
と、不明点が完全になくなるまで何周でもくりかえす
※模範解答例のまちがいを発見することも、しばしばあります。

3) トレース読み
長文集や対訳本、自分にとってむずかしい本(和訳あり)のばあい
はじめのうち:まず和訳を1文読みその後に対応する英文を読んで…何周か
※和訳からイメージ化をして、そのイメージが頭に残っているあいだに英文を読みます。
→ できるようになったら、和訳を数文読み、その後に対応する英文を読んで…何周か
→ できるようになったら、和訳を1段落読み、その後に対応する英文を読んで…何周か
→ できるようになったら、英文だけを読んで…何周か
→ できるようになったら、(音源があるばあいは)仕上げに音声だけを聞いて理解する…何周か

こんな感じで、対象・素材によって読み方をつかいわけています。
posted by a cat at 00:00| Comment(0) | Reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。