2016年02月22日

書評『ポレポレ英文読解プロセス50』

Scientific American をもっとしっかりと読むために、その2。

短文系英文解釈:
『ポレポレ英文読解プロセス50』西きょうじ おすすめ度★★★☆☆

『英文読解入門 基本はここだ!』とともに、受験参考書(英文解釈)のなかでは、もっとも有名な本のひとつでしょう。2冊で1セットと考えて、読んでみました。

【取り組み方】
「例題(短いものが50)」を3周+アルファ(不安のあるところだけは、もう少し復習する)。

【よいと思うところ】
薄いので、すぐ読み終わる。がんばれば2〜3日で1周できる。
●その結果、きわめて挫折しにくい

【悪いと思うところ】
●「やさしいもの→むずかしいもの」の順には、ならんでいない
 ※とくに「ライオンマーク」はかなりの難問で、『基本はここだ!』だけでは歯がたたない。
網羅性はない(←薄いこととは両立しない)。
●『基本はここだ!』とあわせても、到達点はさほど高くない(←『ビジュアル英文解釈』『基礎英文問題精講』などとくらべて)。
●(私には)解説がわかりにくい(←『吉ゆうそうの英文読解 解テク101』などとくらべて)。

【結論】
薄いことが最大の特長で、「できるだけお手軽にすませたい人」むけです。時間とやる気のある方には、この本のかわりにビジュアル英文解釈または基礎英文問題精講できれば両方とも!)をオススメしておきます。
posted by a cat at 20:00| Comment(0) | Book Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。