2015年11月18日

中高生の宿題の英語

基本的に英語は教えていないんですが、たまに中高生から宿題について質問されることがあります。彼らの英語力は英検3級とか、準2級にギリギリ合格とか、そのくらいです。スピーキングはもちろん、読解・リスニング・ライティングは???というレベル。ところが、文法問題(穴埋めや並べ替え)は、私にもわからないものがたくさんあるんです……。

模範解答をみても、「そんな英語、見たことも聞いたこともない(じっさいに検索しても、日本人のページしか出てこない!)」「(誤答とされているけど)これも正しいのでは?」という表現が、よくあります。ネイティブ英語とはちがうけれど、入試には出るっていうことなんでしょうか? 入試問題もよく知らないので、わかりませんけど。こんな宿題をやらされて英語が好きになったら、奇跡(か変態?)だと思います。

そんな細かいことや、ほとんど使わないことよりも、先にやるべきことがたくさんあるような気がします。
posted by a cat at 08:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。