2015年07月22日

大学での授業の思い出 その2

思い出その2、有名な先生。

大学生のころ、かなり有名な先生がおられました。留年したおかげで、その先生の授業を2年つづけて受けることができたんです。しかし、相変わらずほとんど出席はしていませんでした。授業の内容が2年ともまったくおなじだったですし。出席をとる代わりに、授業のはじめにディクテーションをさせる先生でしたが、当時はほとんどなにも聞きとれなかったです。
それはともかく、また試験です。体育会つながりの友人(彼も留年中)から「この先生の試験問題は毎年まったくおなじだ」という情報をえました。じじつそのとおりで、私の成績はA(優)! まじめに勉強していたべつの友人はD(不可)という、なんとも理不尽な結果となりました。

テストで点をとる力と英語力は関係ない! という例でした。




posted by a cat at 13:18| Comment(0) | トホホ体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。