2015年07月22日

大学での授業の思い出 その1

思い出その1、出席点。

大学1年生のころ、部活に熱中しておりまして、英語の授業にはほとんど出たことがなかったんですね。で、試験のとき、答案用紙が配られるはずなんですが、私だけには配られなかったんです。よくみると、みんなすでに答案用紙に名前が書いてあるんです。先生に聞くと「試験直前の授業で一度答案用紙を配り、名前を書いてもらって回収したのだ」と。
なんという卑劣な先生なんでしょうか? 英語力が低くて単位を落とすのならば納得できますが、出席しないからといって試験を受けさせないなんて! 抗議して答案用紙を受け取ったものの、まともに答えられる設問はほとんどなく、ふつうに単位を落としましたが……。
(結局、英語とドイツ語の単位はほとんどすべて落として留年。)

それでも数十年後のいま、こうして英語を学習しているわけなので、人生はまったくわかりませんな。
posted by a cat at 13:05| Comment(0) | トホホ体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。