2017年01月01日

書評じゃないんだけど...『英検一級合格マップ』について

なにかと話題のあの本。正式にコメントするつもりはなかったんですが、まあ独り言のようなものだと思ってください。

きっかけは、以下のような発言を見かけたことです。見過ごせませんね......
科学雑誌を使って勉強会をしてるそうだから、そちらからの英検対策への応用でも載ってるのかとも期待した。
「科学の勉強をしてついでに英検1級を取ろう」みたいな。
ところが、雑誌名をあげてるだけ。それもサイエンティフィックアメリカンとナショナルジオグラフィックといった「ちょっと洋雑誌で勉強しよう」という人なら知ってる定番雑誌でつまらん。
著者に「あたしはそうゆう読者を対象にこの本を書いたわけじゃない」と言われたらそれまでだけど。
もっとくわしく具体的な情報がほしいという方のために、(なぜか)著者に代わって私が補足いたします。

● "Scientific American" は、(科学の専門家ではなく一般の科学ファンを対象にした)アメリカの科学雑誌。ただし、入門書レベルではないので、読むためには科学リテラシーや背景知識が必要となる。
※ "Science" や "Nature" は専門誌です。念のため。

●宇宙、医療、情報、環境、(物理・化学・生物と関連する)テクノロジーなど、幅広いテーマを扱っている。
心理学に特化した "Scientific American MIND" という関連雑誌もある。これらのテーマはかなり英検一級と重なっている。ただし、英検一級・TOEFL・IELTS の Reading よりも英語レベルは上!
※ "National Geographic" のほうが "Scientific American" よりもテーマの幅がせまくて専門性が弱いです。英語レベルも少しやさしくて写真も多い、つまり読みやすいです。ひょっとすると、英検一級へのお役立ち度は少しだけ低いかもしれませんが。

●英検一級をすでにもっている、あるいは TOEIC が満点近くであっても、サイエンスが苦手な人がひとりで "Scientific American" を読んで理解するのは、かなり難しい(let alone 準一級 or TOEIC 800-...)。
●著者が主催していた学習会では、医療、情報、物理、化学、生物、英文法・語法、アメリカ事情...などに詳しい参加者がそれぞれいたので、お互いに情報を提供して解説しあっていた
※みなさまありがとうございます! 質問する・されるだけでも視野が広がると思います!!

学習会でやっていたのは精読が中心だったんですが、肝心の英検対策とのつながりは...

パラグラフ・リーディングと対比で華麗に解く、英検一級!(笑)
●学んでいることは、英検一級の Reading にも(Vocabulary にも Listening にも Writing にも Speaking にも)生きてくる! まあ、"Scientific American" の精読に比べれば、一級の Reading で合格点を取るなんて楽勝!!

学べること(1) 理系の文章のパターンに慣れる:
出だしのパターンは「一般にはこんなことが信じられてきた。しかしながら、○○の最新の研究によると、それは違うということがわかってきた」みたいな感じ。ひとつの記事が2〜6ページくらいあるときは、パラグラフ・ライティングのルールがしっかり守られていることが多いので、パラグラフの役割にも敏感になる。また、知ってるつもりの単語でもサイエンスにおける意味は違うこともある。

学べること(2) 言い換えと対比の確認:
この2点が英検一級の設問に直結していることがひじょうに多い(もう1点加えるとすれば類比)。単語をいくら覚えても正解できないのは「言い換えと対比」が見抜けないから。言い換えと対比の実例が、すべての記事にこれでもかというほど登場してくる。

学べること(3) 未知の単語の対処法:
最低2回通読する。1度目は辞書を使わずに全体の流れをつかむ、2度目は徹底的に調べながら精読する。この1度目が未知の単語の対処法の練習となる。「パラグラフの流れ・役割」「言い換えと対比」から推測、あるいはサイエンス用語に頻出の語根から推測する。

学べること(4) 背景知識の充実による時間の短縮:
2度目の読み方=不明点は徹底的に調べる(または誰かに教えてもらう)。それによって、次第に背景知識が充実してくる。その結果、読解の時間が劇的に短縮できるようになる。英検の配点が変わったため、Vocabulary + Reading とWriting の配点がおなじになった。Writing や Listening の先読みに時間をあてるため、Reading の時間はできるだけ短縮したい。

※私が合格した2014年の第3回。ここ数年でいちばん難しかった(=合格点が低かった)です。とくに「Space Elevator 宇宙エレベータ」が(ネイティブも苦戦するほどの)難問といわれていますが、私は本文をほとんど読まずに(おそらく1分くらいで)全問正解しています。
※「宇宙エレベータなんて常識だろ。いちいち自慢するな!」とお𠮟りを受けました。
 ……てへぺろ
 

I hope this will help.
posted by a cat at 12:00| Comment(2) | Book Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする