2016年02月28日

We finally made it!

Thank you Jun-san.
Thank you, every member of JunReadingClub-SA!

Finally we have finished reading “Scientific American November 2015.” Without JRC-SA, we would have given up reading it, RIGHT???

I enjoy discussion with you, eager and energetic learners. At first, I was too nervous to speak up. However, the relaxed atmosphere of the club made me a little more confident than I used to be. You have been kind enough to listen to me.

I am trying to improve my reading skills as you are. I'm sure this makes a difference. Happy language learning!

61y1EbaNsLL._SX373_BO1,204,203,200_[1].jpg
posted by a cat at 23:59| Comment(0) | Reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

Classification

Scientific American をもっと正確に読むための本たちを分類すると、こんな感じでしょうか。
「分類する力」は、読解力アップの重要なカギのひとつだと思います。

【大学受験用の英文解釈参考書(短文〜中文集)】
『ビジュアル英文解釈』『基礎英文問題精講』
『吉ゆうそうの英文読解 解テク101』『英文解釈の技術』シリーズ
※まずなにより、一文一文を正確に理解するためです。
※初見で私には理解があいまいな文は、基礎的な本のなかにもそれなりにあります。

【大学受験用の英文解釈参考書(長文集)】
パラグラフ・リーディング練習用には、これといった本はまだ発見できていません……。
※英文のレベルが高校生にあわせてあり、私にとっては簡単すぎて、
 初見でふつうに読めてしまうためでしょう。
※(辞書さえあれば)解説を読む必要性が感じられません。

【受験用ではない英文解釈参考書】
『英語の発想がよくわかる表現50』『解釈につよくなるための英文50』『英語のセンスを磨く』
『英語リーディングの真実』『英語リーディングの探究』『思考力をみがく 英文精読講義』
『新英文読解法 本格的な読解力を確実に』『誤訳の構造』シリーズ
『日本人なら必ず誤訳する英文』シリーズ 
※大学受験レベルをこえて、一般の英文を理解し楽しむための本たちです。
※「(単語も構文もわかるのに)なぜか著者の言いたいことがわからない」が解決できるはず。
※短文集をある程度こなしたら、こちらに力をいれます。

【科学の背景知識の強化につながるもの】
『日経サイエンスで鍛える科学英語』シリーズ
『話題別英単語 リンガメタリカ』『テーマ別英単語 ACADEMIC』シリーズ(自然科学編)
『National Geographic Special Issues』Series
※『日経サイエンス』= Scientific American 日本語版 です。
※自然科学では、語彙や背景知識はとてつもなく重要だと思います。

active reading, critical reading の練習用】
『Longman Academic Reading』Series
『21st Century Reading: Creative Thinking and Reading with TED Talks』Series
※おそらく、日本人にとってここが最大の落とし穴だろうと感じています。
※日本人むけにこれを解説している参考書は、おそらく存在しないでしょう。
posted by a cat at 14:00| Comment(0) | Reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

An Interim Report

『ポレポレ』の3周目がおわりました。あとは自信のないところだけを、何度か復習します。というわけで、Scientific American をもっと正確に読むための「読解ローラー作戦」は、本日から次の本へ。

吉ゆうそうの英文読解 解テク101の1周目、1日で半分(50/101)まできました。不明な単語もそれほど多くはないし、大学受験生だったときと比べると、おそらく読む速さが数倍〜5倍くらいになっていると思います。まだ途中ですけど……、私がゆうにゃん(=吉ゆうそう先生)の大ファンであることを差し引いても、『ポレポレ』より上なのは99%まちがいないです。どうしてこんなに無名(失礼!)なんでしょうね。

私が英語学習をつづけていることと、私の学習方針は、ゆうにゃんの2冊
英語超独学法―秘中の秘34のノウハウ
地上最強の受験英語
の影響が絶大です。「読解ローラー作戦」のやり方は『地上最強の受験英語』で知りました。

※参考書をいっぱい買ってしまったんで、評論家になれるかも……。
 (ただし、最低2周はしないと、その本を的確に評価できないと思っています。)
※むずかしい素材の精読(英文解釈)だけだと学習のパランスが悪いので、
 やさしい素材のシャドーイング・暗唱なども並行してやっています!
posted by a cat at 22:00| Comment(0) | Book Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

精読のしかた、3通り

精読のしかたといってもいろいろあるんでしょうが、私のばあいはおもに以下の3通りです。

※基本的に和訳はしません。ノートに和訳を書いて、チェックする(してもらう)ということもしません。英和辞典を使うのは、JRC などでだれか(日本人)に説明をする必要があるときだけです。

1) 「英語好き」さん方式
"Scientific American" など、和訳のない本のばあい
1周目:辞書なしでざっと読む
→ 2周目:英英辞典、画像検索、Q&A Sites(英文)などを使って徹底的に調べる

2) 読解ローラー作戦(=吉ゆうそう方式)
英文解釈用の短文集のばあい
1周目:辞書なしで読む(読んだあと、不明点を模範解答例と英英辞典で確認)
※和訳はせず、できるだけ英語のままで、英語の語順でイメージ化をします。
→ 2周目(同様に不明点を確認) → 3周目 → 4周目 ……
と、不明点が完全になくなるまで何周でもくりかえす
※模範解答例のまちがいを発見することも、しばしばあります。

3) トレース読み
長文集や対訳本、自分にとってむずかしい本(和訳あり)のばあい
はじめのうち:まず和訳を1文読みその後に対応する英文を読んで…何周か
※和訳からイメージ化をして、そのイメージが頭に残っているあいだに英文を読みます。
→ できるようになったら、和訳を数文読み、その後に対応する英文を読んで…何周か
→ できるようになったら、和訳を1段落読み、その後に対応する英文を読んで…何周か
→ できるようになったら、英文だけを読んで…何周か
→ できるようになったら、(音源があるばあいは)仕上げに音声だけを聞いて理解する…何周か

こんな感じで、対象・素材によって読み方をつかいわけています。
posted by a cat at 00:00| Comment(0) | Reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

書評『ポレポレ英文読解プロセス50』

Scientific American をもっとしっかりと読むために、その2。

短文系英文解釈:
『ポレポレ英文読解プロセス50』西きょうじ おすすめ度★★★☆☆

『英文読解入門 基本はここだ!』とともに、受験参考書(英文解釈)のなかでは、もっとも有名な本のひとつでしょう。2冊で1セットと考えて、読んでみました。

【取り組み方】
「例題(短いものが50)」を3周+アルファ(不安のあるところだけは、もう少し復習する)。

【よいと思うところ】
薄いので、すぐ読み終わる。がんばれば2〜3日で1周できる。
●その結果、きわめて挫折しにくい

【悪いと思うところ】
●「やさしいもの→むずかしいもの」の順には、ならんでいない
 ※とくに「ライオンマーク」はかなりの難問で、『基本はここだ!』だけでは歯がたたない。
網羅性はない(←薄いこととは両立しない)。
●『基本はここだ!』とあわせても、到達点はさほど高くない(←『ビジュアル英文解釈』『基礎英文問題精講』などとくらべて)。
●(私には)解説がわかりにくい(←『吉ゆうそうの英文読解 解テク101』などとくらべて)。

【結論】
薄いことが最大の特長で、「できるだけお手軽にすませたい人」むけです。時間とやる気のある方には、この本のかわりにビジュアル英文解釈または基礎英文問題精講できれば両方とも!)をオススメしておきます。
posted by a cat at 20:00| Comment(0) | Book Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする